実は離婚する夫婦より仮面夫婦の方が多いという実態

 

結婚生活に不満を感じていても、いざ離婚しようとなるとかなりの手続きが必要になり、面倒に感じる人も多いでしょう。
実際に結婚生活を終わらせようと思ったら、役所に届出するだけでは終わりません。

 
たいていは新たに新居を探して引越しが必要になるので、引越しに掛かる費用や手続き、住民票の移動、国民年金の変更届、特に女性の場合はもう一度苗字が変更になる場合が多いので、銀行への届出も再度行わなくてはならず、各種手続きが本当に煩雑です。

 
DVやギャンブルでの借金などと、差し迫った理由がない限りは、夫婦生活に愛情を感じていなくても、共同生活を続ける方がまだ良いと感じる夫婦が沢山いるのです。

 
夫婦生活に愛の溢れる家庭を求めているなら当てはまりませんが、完全に同居生活と割り切ってしまえば、生活パターンをずらしてしまえばお互いに顔を見る機会もあまりありませんし、仕事だと思って家事などを行えば苦にならないのでしょう。
年配になればなるほど、独身生活に戻るのは難しいものなので、これもまた一つの新しい夫婦生活のあり方なのだといえるでしょう。

 
小さな子供がいる場合は、子供の教育上良くない面もあるでしょう。しかし、ある程度子供が成長をして、自立している場合なら、夫婦の問題は夫婦で話し合って解決すればよいでしょう。割り切った関係というものも、意外とメリットがあるものです。